反社会的勢力に対する基本方針

私ども焼津信用金庫は、社会の秩序や安全に脅威を与え、健全な経済・社会の発展を妨げる反社会的勢力との関係を遮断するため、以下のとおり「反社会的勢力に対する基本方針」を定め、これを遵守します。

  1. 当金庫は、反社会的勢力との取引を含めた関係を遮断し、不当要求に対しては断固として拒絶します。
  2. 当金庫は、反社会的勢力による不当要求に対し、職員の安全を確保しつつ組織として対応し、迅速な問題解決に努めます。
  3. 当金庫は、反社会的勢力に対して資金提供、不適切・異例な取引および便宜供与は行いません。
  4. 当金庫は、反社会的勢力による不当要求に備えて、平素から警察、暴力追放運動推進センター、弁護士などの外部専門機関と緊密な連携関係を構築します。
  5. 当金庫は、反社会的勢力による不当要求に対しては、民事と刑事の両面から法的対抗措置を講じる等、断固たる態度で対応します。

以上

各種預金規定等への「反社会的勢力排除条項」の導入

当金庫では、平成19年6月に政府より公表された「企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針」に基づき、反社会的勢力との関係遮断に向けた態勢強化を図る目的から、当座預金・普通預金をはじめとする各種預金規定および貸金庫規定等を改定し、平成22年5月24日より「反社会的勢力排除条項」を導入致しました。

同時に当金庫との取引が初めてのお客さまや、既にお取引のあるお客さまが普通預金等をお申込みする場合は、「反社会的勢力ではないことの表明・確約に関する同意」を頂くこととしております。

尚、改定された規定は改定前よりお取引いただいているお客さまに対しても適用されます。

「反社会的勢力ではないことの表明・確約に関する同意」

私(貴金庫との取引の名義人(名義人が法人の場合には、当該法人の役員等を含む。以下同じ。))は、次の①の各号のいずれかに該当し、もしくは②の各号のいずれかに該当する行為をし、または①にもとづく表明・確約に関して虚偽の申告をしたことが判明した場合には、取引が停止され、または通知により取引が解約されても異議を申しません。また、これにより損害が生じた場合でも、いっさい私の責任といたします。

  • ①貴金庫との取引に際し、現在、次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約いたします。
    1. 暴力団
    2. 暴力団員
    3. 暴力団準構成員
    4. 暴力団関係企業
    5. 総会屋等、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団等
    6. その他前各号に準ずる者
  • ②自らまたは第三者を利用して次の各号に該当する行為を行わないことを確約いたします。
    1. 暴力的な要求行為
    2. 法的な責任を超えた不当な要求行為
    3. 取引に関して、脅迫的な言動をし、または暴力を用いる行為
    4. 風説を流布し、偽計を用いまたは威力を用いて当金庫の信用を毀損し、または貴金庫の業務を妨害する行為
    5. その他前各号に準ずる行為

でんさいネット

インターネットローン申込み

▲このページのトップへ